New Didjeridu 1| 新入荷ディジュリドゥ1

【WadeyeのKenbiとMarrluk vol.2】

2018年、ランクルを走らせて訪れたWadeye(Port Keats)。彼の地の葬儀の中心的役割を果たす3大ダンスソングがWANGGA、LIRRGA、DJANBAだそうです。その内ディジュリドゥの伴奏を伴うのがWANGGAとLIRRGAで、WANGGAで使うハイキーの楽器がKenbi、LIRRGAで使うローキーの楽器がMarrlukと呼ばれる。

Wadeye周辺の沿岸部に住む言語グループの人々、内陸部に住む言語グループの人々がそれぞれ異なるダンスソングを所有しているが、互いに隣接しているため強い影響を請け合っているという。

まだまだぼくらの知らないことがたくさんあるエリアでこれからもっと現地のアーティストをドンドン紹介していきたい所です。まずは現地を代表する著名な職人さんたちの楽器からスタートし、いまだ知られない名プレーヤーたちと出会っていけたらなぁと思います。

>> 1 >> 2 >> 3 >> 4 >> 5
●AP-2002   >>詳細を見る
【Kintharri Allan Parmbuk】F#- - ・103.2cm/3.4kg・2.8-3.4cm/7.3-8.3cm
【Kintharri Allan Parmbuk】F#- - ・103.2cm/3.4kg・2.8-3.4cm/7.3-8.3cm
Sold
舌の動きに合わせてメローに変化していく高倍音。「F#―」でWANGGAダンスソングの伴奏にもジャストフィット。鳴らした瞬間に「コレは間違いなくKenbi」と感じる明確なサウンド・クオリティと鳴らしやすさをともなったKenbi。
●AP-2003   >>詳細を見る
【Kintharri Allan Parmbuk】G- - ・99.3cm/2.1kg・3.2-3.8cm/6.7-7.4cm
【Kintharri Allan Parmbuk】G- - ・99.3cm/2.1kg・3.2-3.8cm/6.7-7.4cm
Sold
1mをきった太短いハイピッチでアグレッシブな「G―」のKenbi。寸胴な見た目とは裏腹にギラッギラの倍音となかなかの音量。伝統的なアボリジナルの楽器としてはかなり珍しい緑に彩られたKenbiです。
●AP-2004 >>注文する >>詳細を見る
【Kintharri Allan Parmbuk】E-F・120.3cm/2.4kg・3.5-3.7cm/6.1-6.4cm
【Kintharri Allan Parmbuk】E-F・120.3cm/2.4kg・3.5-3.7cm/6.1-6.4cm
Price 68,000yen
Kenbi的にもMarrluk的にも鳴らせる二種類の楽器のちょうど中間のような音質と演奏感の楽器。ハミングは軽やかなので楽に鳴らせ、Kenbi/Marrlukビギナーにも鳴らしやすそう。
●RN-2002   >>詳細を見る
【Robin Nilco】D#・122.2cm/2.8kg・3-3.8cm/8.5-9.3cm
【Robin Nilco】D#・122.2cm/2.8kg・3-3.8cm/8.5-9.3cm
Sold
Wedeyeコミュニティの古老でKenbi職人としても著名なRobin Nilcoによるオールドファッションなオーカーペイントに身を包んだローキーなジョイント・マウスピースのMarrluk/Kenbi。
●WP-2002   >>詳細を見る
【Tjangalith William Parmbuk】E・121.2cm/3.9kg・2.9-3.5cm/9.3-10.1cm
【Tjangalith William Parmbuk】E・121.2cm/3.9kg・2.9-3.5cm/9.3-10.1cm
Sold
北東アーネム・ランドにはないぶっとさ、オープンすぎる空洞から鳴るほがらかでリッチな倍音エコーしまくりなWilliam ParmbukのKenbi。Beswickのディジュリドゥ・マスターDavid Blanasi的演奏にも通じる作品。
>> 1 >> 2 >> 3 >> 4 >> 5
W-ZERO3 ご相談はお気軽にお電話で 月〜金11:00-19:00

電話でのディジュリドゥの音の聞き比べ、ディジュリドゥ選びのアドバイスを聞くなどに。演奏方法についての質問はご遠慮下さい。

info@earthtube.com  

(C)2004 Earth Tube All Right Reserved.