New Didjeridu 4 | 新入荷ディジュリドゥ 4

【Djalu' & Wuduku(Larry) Gurruwiwiのイダキ vol.1】

2018年9月の新潟での彼らのパフォーマンスはまだ記憶に新しい。高齢にもかかわらず、唄い・踊り・イダキを演奏するDjalu'の愛情とパワーに驚かされました。Wuduku(Larry)のやわらかく、スムーズで、それでいてパワフルな心技一体となった演奏には、敬意と共に次世代のイダキ・マスターの風格を感じました。

かれらのイダキの技芸は一般の人からは計り知れない卓越したものでしょう。そんな彼らが作る楽器は、サウンドうんぬんよりも演奏感においてハイセンス。現時点では理解できなくても、演奏感覚の向上と共にそのすごさが垣間見える、そんなイダキが彼らの作品じゃないでしょうか。

必然的に初心者にはあまりおすすめではありませんが、一生の学びと演奏感覚を開いていってくれるインプレッションを与えてくれることは間違いありません。製作数がそれほど多くなくなってきているDjalu'の作品のアップは年一度だけです。12月・1月と二回にわけてEarth Tube在庫の彼らの作品のすべてをアップします。

>> 1 >> 2 >> 3 >> 4 >> 5
●DG-1801   >>詳細を見る
【Djalu' Gurruwiwi】D++/E・167cm/6kg・2.9-3.3cm/11.8-14.1cm
【Djalu' Gurruwiwi】D++/E・167cm/6kg・2.9-3.3cm/11.8-14.1cm
Sold
イダキ・マスターDjalu’ Gurruwiwiにしか作れないディープでやわらかく暖かみがあり、それでいてパワフル。虹のきらめきに囲まれたWititj(オリーブ・パイソン)
を表すかのようなビッグ・ラウドMandapul(イダキ)。
●DG-1802   >>詳細を見る
【Djalu' Gurruwiwi】E/E・152cm/5.2kg・3.4-3.9cm/10.2-13.2cm
【Djalu' Gurruwiwi】E/E・152cm/5.2kg・3.4-3.9cm/10.2-13.2cm
Sold
マウスピースが大きく空洞がオープンなのにバックプレッシャーに支えられてドローン・トゥーツともに鳴らしやすく、強い押し込みにも耐える。Djalu’の作品らしいディープさとラウドネスをそなえたビッグマウスMandapul(イダキ)。
●DG-1803   >>詳細を見る
【Djalu' Gurruwiwi】F-/G#・135.8cm/3.9kg・3-3.3cm/10.7-13cm
【Djalu' Gurruwiwi】F-/G#・135.8cm/3.9kg・3-3.3cm/10.7-13cm
Sold
Djalu’の作品としてはショートサイズだがラウドでパワフルでハイレベルな演奏感。現地の若者が好むような単純に鳴らしやすいハイピッチなMandapul(イダキ)とは一味違うイダキ・マスターの奥深い演奏スキルを感じる作品です。
●DG-1804   >>詳細を見る
【Djalu' Gurruwiwi】F#+/G+・142.2cm/5.3kg・3-3.2cm/11.3-13.2cm
【Djalu' Gurruwiwi】F#+/G+・142.2cm/5.3kg・3-3.2cm/11.3-13.2cm
Sold
キーが高くても重厚なサウンド、スピーディーに刻めてゆったり鳴らしても心地よい、「F#」でありながらもディープさを宿したDjalu’ GurruwiwiならではのハイピッチのMandapul(イダキ)。
●WLG-1803   >>詳細を見る
【Wuduku Larry Gurruwiwi】F#-/A--・134.4cm/4kg・2.7-2.9cm/13.5-14.2cm
【Wuduku Larry Gurruwiwi】F#-/A--・134.4cm/4kg・2.7-2.9cm/13.5-14.2cm
Sold
バックプレッシャーが高く、硬くつまった音質の「F#」。無駄な力を抜くほどにイダキとギアが噛み合って爆発力のあるスピード感が生まれる、Larryならではのハイセンスな感覚に満ちたMandapul(イダキ)。
>> 1 >> 2 >> 3 >> 4 >> 5
W-ZERO3 ご相談はお気軽にお電話で 月〜金11:00-19:00

電話でのディジュリドゥの音の聞き比べ、ディジュリドゥ選びのアドバイスを聞くなどに。演奏方法についての質問はご遠慮下さい。

info@earthtube.com  

(C)2004 Earth Tube All Right Reserved.