New Didjeridu 2| 新入荷ディジュリドゥ2

【ビッグマウスなショート・ファット・イダキ vol.1】

ヨォルングのプライベートのイダキや、彼らが儀式の場で使ったイダキを触らせてもらうと、時に「めちゃくちゃ難しい!」と感じたり、そもそも鳴らせなくて「なぜこのイダキなんだろう」と疑問を覚えたりすることがある。

もちろん、素直に「すごく鳴らしやすい」とか「いい音!」みたいに思うこともありますが、そういう時よりも「鳴らせない」とか「難しい」と感じる時の方がカルチャー・ショック的な衝撃が大きく、強い印象となって記憶に残ることが多い。

彼らが好んで使う楽器には色んなタイプが存在しますが、今回はビッグマウスでサイズが小さく、空洞がオープンなイダキに絞ってセレクトしました。コレクションのGarrawarraのイダキはまさにその典型で、バランダ(ノン・アボリジナル)のディジュリドゥ奏者にとって、違和感と疑問符あふれかえる演奏感です。彼らの演奏感に寄りそいながら楽器を通じて学びが得られるセレクションです。

>> 1 >> 2 >> 3 >> 4 >> 5
●GM-U-1801   >>詳細を見る
【Garrawarra Munyarryun】G-G#/B-・119.2cm/3.1kg・3.2-4cm/9.5-10.2cm
【Garrawarra Munyarryun】G-G#/B-・119.2cm/3.1kg・3.2-4cm/9.5-10.2cm
Not for Sale
Wangurriクランのリーダーである古老B***rr Munyarryunの葬儀で使われたMandapul(イダキ)。マウスピースが大きくショートサイズでオープンなハイピッチで、典型的なショート・ビッグマウス。
●BUW-1801   >>詳細を見る
【Buwathay Munyarryun】G#/A・122.4cm/2.8kg・3.7-3.9cm/8.9-9.6cm
【Buwathay Munyarryun】G#/A・122.4cm/2.8kg・3.7-3.9cm/8.9-9.6cm
Sold
ズドーンとオープンな空洞と大きなマウスピース、ショートサイズでハイピッチ。西部アーネム・ランドのMagoに似たテイストでありながら、バックプレッシャーが高くハードタングが鍛えられるMandapul(イダキ)。
●DD-1801 >>注文する >>詳細を見る
【Dhumumu Burarrwanga】E--/G・130.8cm/3kg・3.3-3.6cm/9.3-11.1cm
【Dhumumu Burarrwanga】E--/G・130.8cm/3kg・3.3-3.6cm/9.3-11.1cm
Price 80,000yen
オープンでナチュラルな空洞から響くあたたかくやわらかく大きく響くディープ・サウンド。マウスピースのサイズはやや大きめ程度なのでゆるやかにダイナミックに鳴らせるMandapul(イダキ)。
●DIWI-1801 >>注文する >>詳細を見る
【Diwidiwi Gumana】G#++/A#・117.8cm/2.8kg・3-3.9cm/9-10.3cm
【Diwidiwi Gumana】G#++/A#・117.8cm/2.8kg・3-3.9cm/9-10.3cm
Price 60,000yen
ハイピッチでハイプレッシャー。跳ね返されるようなギチギチの演奏感、横長のビッグマウス、ぼくたちの感覚では理解不能なほどヨォルングの演奏感がゆるやかであることがわかるショートMandapul(イダキ)。
>> 1 >> 2 >> 3 >> 4 >> 5
W-ZERO3 ご相談はお気軽にお電話で 月〜金11:00-19:00

電話でのディジュリドゥの音の聞き比べ、ディジュリドゥ選びのアドバイスを聞くなどに。演奏方法についての質問はご遠慮下さい。

info@earthtube.com  

(C)2004 Earth Tube All Right Reserved.