Clapsticks Collection | クラップスティック・コレクション

アーネム・ランドの伝統的なアボリジナルの儀礼の中でディジュリドゥが演奏される際には、ディジュリドゥは常にクラップスティックを両手に持ったソングマンを伴奏する。ディジュリドゥがソロで伝統曲を演奏することはないという。逆にクラップスティクはオープン・ソングからメンズ・セレモニーのようなクローズドな儀礼まで歌の伴奏に幅広く使われる。

左手に大きく少し平たいクラップスティックを持ち、右手に棒状の小さいクラップスティックを持って打ち付けて演奏される。だからよく見れば、アボリジナルの伝統的な手法で作られたクラップスティックのペアーはサイズが異なっている。西アーネム・ランドではブルータング・リザードやヤムイモなどの種の増殖を願う儀式などでその歌われる歌にあわせた形状をしたクラップスティックが使われることがあるという。

アボリジナルのソングマンたちはどういったクラップスティックを使うのか?その音色、木の種類、形状は多岐にわたっている。かれらと同じ目線でこの楽器を見つめてみる機会になればと願います。

●C-DG-0600
Djalu' Gurruwiwi Private Bilma 2006
【Djalu' Gurruwiwi】
area : Birritjmi(N.E. Arnhem Land)
 wood type : Maypiny(Ironwood)
small : 34cm/234g
 large : 35.4cm/462g
Sample Sound
Sold
イダキ・マスタ−のプライベート・ビルマ。2006年に「ぼくはイダキを持ってるけどビルマはない」と言うとベッドの下のかばんからこのビルマを出してきてホイっと手渡し、無言でくれた。小さいサイズの平べったい方のビルマは、アートセンターの改装時に出てきた廃材の床板から作られていて、軽く、ボソボソしている。大きい方のビルマは硬質で重たく、作りも丁寧。高めの音でやわらかさの中にも金属的な響きもあり、音量はやや低め。
●C-DG-0700
Djalu' Gurruwiwi Private Bilma 2007
【Djalu' Gurruwiwi】
area : Birritjmi(N.E. Arnhem Land)
 wood type : Unknown
small : 35.2cm/440g
 large : 46cm/662g
Sample Sound
Sold
イダキ・マスタ−のプライベート・ビルマ。小さいサイズのビルマはDjalu'自身がカットしたDhuwa半族の木。黒と赤でペイントされた大きい方は、もともとファイティング・スティックだったものをDjalu'が短くカットしてビルマとして使っていたもの。耳にツンと響く強いアタック感と重たさを感じさせながらもキンっとした響きもある。音量はやや大きめ。
●C-PK-1964
Clapsticks from Wadeye(Port Keats) 1964
【Unknown clapsticks collected in 1964】
area : Wadeye(Port Keats)
 wood type : Iron wood & unknown
small : 24.5cm/90g
 midium : 30.8cm/496g
 large : 34.9cm/268g
Sample Sound
Sold
WANGGAダンスソングの故地として知られるWadeyeで1964年に収集されたもの。彫刻のような模様がうっすらと描かれている。写真一番上の細い棒と真ん中の板のような組み合わせの時に一番金属的で高い質感になる。音質に太さはなく、ひたすら高音が強く響く。一番下の明るい色のクラップスティックは木質が異なり、モコっとした素朴な響きの中に高いやわらかい質感がある。
Phone ご相談はお気軽にお電話で 月〜金11:00-19:00

電話でのディジュリドゥの音の聞き比べ、ディジュリドゥ選びのアドバイスを聞くなどに。演奏方法についての質問はご遠慮下さい。

一般:info@earthtube.com

(C)2004 Earth Tube All Right Reserved.