No: UY-0801
Artist: Unknown Yolngu
Drone Key: E-
Overtone/Toots: E++
Length: 144.1cm
Weight: 3.7kg
Sound:
Sample Sound mp3(786KB)
Price: Sold
マウスピース ボトム
内径:2.7-2.9cm 外径:7.3-9.2cm
※マウスピースとボトムの画像を800x600dpiの画面で実寸表示するには画像をクリックして下さい。
Yirrkalaでの儀式で使われていたイダキ。簡素なルックスとは裏腹にディープでめちゃめちゃ鳴らしやすい!「ヨォルングの演奏を知る」という事を体感しながらメイン楽器としても十二分に活躍する名作。

今年、Djalu'を訪れた時に彼が所有していたプライベート・イダキはD#/Eのスラっとしたイダキだった。ある日、彼はおもむろにボトム部分をカットしてE/Fくらいのピッチにして儀礼の場に持って行った。そのイダキがまさにこのイダキと同じようなルックスと演奏感だった!彼自身そのイダキの事を「Latju Yidaki(いいイダキ)」と評価していた事からも彼の好みにマッチしているのだと感じた。

バックプレッシャーがほど良く、イダキがしっかりと支えてくれているという感覚を得やすく、ディープな音質そのままにスピーディーな演奏ができる。しかもある程度のつっこみも効くので、舌をダイナミックに使ったDjalu' Gurruwiwiのようなパワフルでラウドな演奏にも近付ける。

マウスピースは一番広い部分で内径3.6cmになっているが、一部えぐれた部分なので、唇をつけた感じは全体が3.2cmほどのマウスピースという印象を受ける。

またほぼオクターヴ上のトーツは容易に鳴らすことができ、バックプレッシャーが高いので長くのばしても難無く鳴らすことができる。トゥーツの音質は暖かく太い。

ドローンの音質はディープ!かといって重すぎることなく、倍音バランスが良く、唄うように音程が少し変化する低音の上に、リッチな中音があり、高音域はフワフワとした感じではなく、舌の動きに連動して存在感があります。それぞれの帯域が明確なので、スピーディーな演奏をした時に倍音がぼやけずにキレが生まれているようだ。しかし、この「実際のピッチよりも低く感じる」ようなディープさはゆったりとしたリズムでより楽しめるでしょう。

このイダキ、かなりナチュラルな作りになっていてマウスピースからはたった2cm、ボトムからは18cmほどしか削っていない。内部の空洞は、所々でこぼこした部分があるが、シロアリがきれいに食べていて、表面はサンドペーパーで磨いたようになっている。木質はかなりつまっていて硬く重いという、好条件がそろっている。

木質からも今後あまり音質や演奏感は変化しにくいでしょう。また空洞をペンライトで照らしてチェックした所、内側からのクラックはゼロです。ヨォルングに使いたおされ、時間がたった楽器ですが、演奏感は生々しく、楽器そのもののクオリティーは非常に高い。

包帯やガーゼをとめる紙製のテープで巻かれていて、その上に梱包用の薄手のテープで巻かれています。このまま使っていても問題はないですが、もし完全な修理を御希望でしたら、テープを全て取り除いて、汚れを落とし、クラックがあれば補修してからの発送も可能です(無料)。